がん保険の一時金もらえる?もらえない?

今回は、円錐切除術で生命保険について書いていきます。

私は10年ほど前から朝日生命保険に入っています。もともと入るつもりはなかったんです。
旦那さんのおばが朝日生命をやって、旦那も入らされていました。
おばは保険をやっているのにもかかわらず、保険の仕組みを理解していなかったようです。
旦那さんは大社長が入るような保険料を毎月払わされていました。

結婚して引っ越した時に、保険の担当者が今の保険のおばさんに代わって、
「いくらなんでもこれは払い過ぎ。このままではもったいない」
と指摘されました。
旦那が入っている保険をの金額を半分にして、後の半分で私が入ることになりました。

そんなことがあって、保険に入ったのですが、まさか、本当に役立つ日が来るとは考えたこともありませんでした。

さて、もらった保険金についてです。私はがん保険、女性の病気の保険に入っていました。
まず、がん保険で一番の焦点となってくるのは、「がんと診断されたかどうか」ということ。

がんと診断されるだけで、
・精神的ダメージ
・手術などの治療
があることは明らかです。
というこで、一時金が100万円が出ると、担当のおばさんがおっしゃっていました。

保険会社によって、一時金が出たり出なかったりする!

ですが実は、ここが本当に怖いことなんですが、

同じ円錐切除術でも、その診断によってもらえる金額が変わってくる可能性もあるのです。

・中度異形成、高度異形成での円錐切除術
・子宮頸がんでの円錐切除術
で、金額が変わる場合があるんです。

中度異形成・高度異形成・子宮がん0期ではがんではなく、上皮内新生物(上皮内癌)でがんの手前とみなされてしまい、満額がでない会社があります。

一部払ってもらえる保証、全くもらえない保証、があるようです。

「あなたは(悪性の)がんではないから、満額でませんよ」ってことらしいです。

○ヒルのCMで有名なあの保険会社はこれです。上皮内がんの診断では1割しかもらえないようです。ネームバリューだけで保険を選ぶのはちょっと考えものかもしれません。

朝日生命保険はありがたいことに、上皮内新生物でもがんと同等の満額保険金が受け取ることができました!

朝日生命の保険では、がんと診断されれば100万円の保証という保険に入っていましたので、上皮内がんと診断されても満額100万円はもらえます。ですが一部しか保証されない会社では、その1割しかもらえません。

がん保険に入るとき、ここまで考えて入る人はあまりいないかもしれませんが、もしがんの家系で不安があり、がん保険を検討している方は、


・上皮内新生物(上皮内癌)でも保障がしっかり満額出る

という点は、必ずチェックしてください。上皮内癌はがん保険がでない、または一部しか出ない、という保険会社は要注意です。

保険に入るときは、専門の人とじっくり相談して、納得した上で加入することが大事なんだとつくづく思い知らされました。

同じ手術をうけて、精神的なダメージもあるのに、
「あなたは悪性のがんではないから、100万円じゃなくて10万円です」
なんていわれたら、ショックですよね!

じゃあ、がんになるまで待ってから手術しろ!とでもと?同じ手術を受けるのにですよ?悪性だろうが、上皮内がんだろうが受ける本人のダメージにはまったく関係のないことじゃないですか。

私の場合はじっくりと保険会社を選んで加入したわけではなく、たまたま旦那さんが入っていた保険に入っただけでした。何も知らずに入りましたが、朝日生命では上皮内がんでも一時金が満額もらえる保証になっていました。なので、本当にラッキーだった、としか言いようがありません。

私の場合は一時金で満額100万円を受け取ることができました。もちろん、100万円の上に、女性特有の病気の特約手術や通院、入院の保障も上乗せしてお金をもらいました。

がん保険に入っていない方も、入っている方も、ぜひ一度保険についてじっくり考えてみてください。私は保険で本当にすくわれました。保険に加入済みの方は、きちんと自分の欲しい保証がついているのかどうか、(上皮内がんも保証してもらえるのか、いらない保証に入っていないか)見直しできるところはすぐに見直しましょう!

保険を組み立てるのはとっても複雑で一人で考えるのはむずかしいので、ある程度の希望を保険の専門の人に伝えて、選んでもらうのが一番です。無料相談ができるところもありますので、利用してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。