コンビニへ行くまでの出来事

全身麻酔の影響が消えて、やっと起き上がれるようになった頃には、暇な時間が待っていました。

入院がゴールデンウィークだったこともあり、看護師さんも少なめです。そのせいなのか、私が一人部屋だからなのか、なかなか循環にも来てくださらない。

「暇だ!さみしい・・・」

テレビを見ても、本を読んでいてもむなしい・・・。

もうこうなったら!!!病院のコンビニに行ってスイーツでも買ってたべてやる!!!

食事も普通食を食べられるようになりましたし、食べ物の制限もありませんでしたので、コンビニまで行くことにしました。私が入院している病棟から、コンビニまではだいぶ距離がありましたが、暇なので。

ただ、コンビニには一般のお客さんもたまにいます。コンビニに行くまでには外来の受付も通らないといけません。

入院中は病院のパジャマを借りていましたし、すっぴんで出歩くのもなんかやだなあ、とかっていうちょっとした抵抗もありました。

ですがゴールデンウィークでしたから、外来の方もいないし、いるとしてもお見舞いの人ばかりでしょうから、そこはまあ、平気かなと。

そもそも入院しているんだから、その姿でいいはずなんですけどね。逆にしっかりメイクしてたらおかしい!

長ーいエレベーターを降りて、外来受付まで行きました。その日は外来はお休みなので、昼間でも薄暗くちょっと怖い感じ。そんな薄暗い中、家族と思われる3人がいました。

若いお父さんとお母さん、そして4,5歳ぐらいのカワイイ女の子。お母さんは私と同じ、病院のパジャマ姿でした。女の子がお母さんにしがみついて、シクシク泣いています。

お母さんが入院しているんでしょう・・・。

出産か、病気かはわかりませんでしたが、女の子はさみしいでしょうね・・・。

ちょっと自分の子供のことを思い出したり、その女の子やお母さんの気持ちを考えてしまって、私までうるうる泣きそうになってしまいました。

ちなみに私の子供たち二人は、ゴールデンウィーク中は私の実家で預かってもらっていました。二人ともばあちゃんが大好きなので、さみしく過ごしてはいないと思うのですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。