円錐切除術退院後にできなくて困ったこと

退院後はとっても元気でしたし、ほぼ普段の生活を
送っていました。
変わったことと言えば、

・毎日出血がある
・湯船に入れない
・重いものが持てない
・自転車に乗れない
・激しい運動はさける

ぐらいでしょうか。

私がこの中でも一番困ったのは、湯船に入れないことです。
手術・入院したのは2月の下旬でまだまだ寒い日が続いていたこ頃でした。
この寒い時期に、お風呂にゆっくりつかって温まって寝るのが
一番いいんですが、湯船につかれないので、とにかく寒い・・・。
夏だったらまだよかったのかもしれませんが・・・。
湯船に気持ちよさそうにつかる子供たちを横目に、
私はシャワーで「寒い寒い」と言いながら、入浴を済ませていました。
自宅で湯船につかれないのは、次回の外来の診察で先生にOKが出るまでです。
次回の診察は一か月後です。ですから少なくとも一ヶ月は湯船NGとなってしまいます。
あまりに寒い時は、「足だけ・・・」といって足湯をしていました。
もう本当に「トホホ・・・」って感じです。

ちなみに、公共の温泉などは2カ月はさけてください、とのことでした。
手術の後すぐ夏休みじゃなくてよかった、と思いました。
夏休みに毎年宿泊しているホテルのお風呂を、子供たちは楽しみにしていましたので。
「ごめんねママ、お風呂に入れない」なんて言ったら、絶対にブーイングされちゃいます。

食べ物は特に、食べてはいけないものなどはありませんでした。
アルコールもたしなむ程度ならOKということでした。
夜眠れないので、寝る前に少しアルコールを飲んだりしていました。
ですのでほとんどストレスはなかったです。
湯船につかれないぐらいで。

それと激しい運動はさけなければいけません。
ですが私は運動はしないので><しなくてはいけないんですが・・・
運動ができない、ということでのストレスはありませんでした。
運動が好きな方は、きっと耐えられないでしょうね。

入院前に見たインターネットの掲示板に、やはり円錐切除術を受けた方が、
「どうしてもマラソンをやりたいが、走っても大丈夫?」
という質問をされていました。
回答していらっしゃった方々はもちろん皆さん
「出血があるかもしれないので、もう少し我慢しましょう」
ということを書いていました。
運動される方は、一か月後の外来の時に先生に相談してみてください。
そこでOKがでれば、大丈夫かと思います。

何度もいうようなので恐縮ですが・・・
円錐切除術は、身体的にとっても楽な手術でした。
短期入院で済む、というのもありがたかったです。
もし、円錐切除術を迷われている方がいらっしゃれば、
「早めに受けたほうがいいですよ!」とアドバイスします。
円錐切除術で済めば、ずっと楽だからです。

円錐切除術がとても楽でしたので、この後に受けるであろう
子宮摘出手術も「そんなに大したことないんじゃな~い」と
思えるようにもなってきました。
本当にお気楽なB型ですよ私は。

もちろん円錐切除術で終わりになってくれれば一番いいな、
と思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。