単純子宮摘出術の日程決定!!そして従姉も手術を

ちょっとここまでのお話をおさらいしておきます。

円錐切除術が終わり、子宮頸部腺がんの1A1期の診断が断定したことで、
単純子宮手駆出術を受けることが決定しました。
これは、私は腺がんという、だいぶやっかいながんであったことが理由です。
腺がんでなければ、ここで手術は終わっていたでしょう。
がんは、円錐切除した断面にはありませんでした。
子宮を取るのは、今後の予防のためです。
腺がんと診断された場合、子宮摘出術が推奨されています。

単純子宮摘出術は、腹腔鏡の手術と開腹手術があり、
開腹手術では、健康保険が効くのですが、腹腔鏡ですと実費となってしまいます。
その場合請求額は約100万円ほどかかってしまいます。
ですが、生命保険で先進医療をつけていれば、カバーしてくれます。
私は、先進医療を付けていなかったので、そのまま腹腔鏡で手術を受けていれば、
もちろん100万円の請求がきたことでしょう。

しかし、絶妙なタイミングで(トイレが壊れたように)、
4月からは、腹腔鏡腹腔鏡の手術でも、健康保険が効くようになりました。
これはもう、不幸続きの私にとっては一番の幸福でした。
4月の最初は人事異動があったりして、手術は緊急でなければしないそうで、
いろいろと先生とも話し合った結果、4月25日に受けることに決まりました。
手術は問題がなければ5泊6日の入院となります。

手術が決まったことで、私も精神的にだいぶ落ち着いてきました。
「これで、がんとはおさらばできる!」
と思うと、久しぶりに晴れやかな気分になりました。
家族をおいて、手術、入院するのは、子供たちのこともありますし、
心配でイヤでしたが、ここを乗り切れば、
癌になる前の生活を取り戻せるかもしれないと思いました。

ここでちょっと、以前、病院の婦人科の前で、
旦那さんのいとこに会った、というお話をしましたので、
そのの続きを書いていきます。

以前ブログにも書きましたが、
私が円錐切除術の手術の打ち合わせをするために、
病院を訪れた時、
偶然、旦那さんのいとこにばったりと出会ったんです。
こんな偶然あります?
なんか、運命的なものを感じますが・・・。
(どんな運命なんだ・・・?)

そのいとこは、私より3つ年上です。
これまでちゃんと人間ドックや検診を受けたことがなく、
周囲にすすめられて、年末に人間ドックに行ったそうです。
そこで、子宮頸がんが見つかったとのことでした。
いとこの場合、私よりも癌が進行していたようです。
最終的には1B1期だったようです。
この時、受けてよかったですよね、
本当に、子宮頸がん検診は大切です。

そこで、いとこもやはりこちらの県立病院を紹介されたそうです。
そして、診察を受けたのですが。
検査してもがんはあることは確実なのですが、
どこにあるのかがハッキリわからない、といわれたそうです。
そこで、円錐切除術は飛ばして、
腹腔鏡下での子宮摘出術と卵巣摘出をすすめられました。

やはり4月から腹腔鏡の手術で、健康保険が効くようになるということは、
病院から知らされていたようです。
ですが、いとこの旦那さんは、
「4月まで待っていて、もし癌が進行したら困る。
手術は早いほうがいい。お金は払うから。」
と、言ってくれたそうです・・・
それで、3月の初めに手術を受けました。
なんというカッコイイ旦那様!素敵ですね!

ちなみに我が家の旦那さんは、
「生命保険がたくさん出たら、トイレの修理代をお願いしてもいい?」
ですって。

わが旦那さんは、悪い人ではないのですが、あんまりお金がないので。
にしても、違いすぎるやろ~!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。