子供との電話で・・・泣

さてさて。明日の手術は朝九時からです。
私が一番最初の手術となります。
私が遅れるワケにはいきません。
後の手術の方々や先生にご迷惑を掛けてしまいます。

朝食前にはシャワーをあびるように言われていますので、
6時半にシャワー室を予約しました。
明日は絶対に早起きしなくては!
寝る前に、シャワーの準備と手術着の準備をします。
ベッドを立ったり座ったり。バッグを開けたりしめたり。
ああ、入院って忙しい。

今夜は21時以降の飲食は禁止になっています。
21時までに、たくさん水分をとっておくように言われていました。
それをすっかり忘れていました。

寝る前に、子供たちに電話をしようと思いました。
今日一日、私がいなくても大丈夫だったのかどうか?
一応、ママの声を聞かせておかないと寂しいかもしれない・・・。
私の病室は4人部屋で、皆さん静かにされています。
ですので、電話をしたら失礼かな?と思い、
デイルームのほうへ電話をもって行きました。

電話を掛けると、旦那さんがでました。
一通り今日の子供たちの様子を聞きました。
一日、順調に終わって、もう寝る準備も整ったみたいです。
なんだ、私がいる時よりもスムーズにできてる。
子供たちに代わってもらいました。
子供と電話で話すなんて、めったにありません。

電話口からものすごい元気で大きな声。
「ママあ!!」
おお、耳がイタイ~。
静かな廊下に電話の声が響き渡る勢いです。
とっても元気そうでよかった。
宿題のこととか、夕食のこととか、今日の出来事を話してくれました。
特に寂しがってはいない様子。
安心したところで、なぜか涙が・・・。
泣いていることがバレないように、私も元気に答えます。
電話を切って、病室にもどります。
そろそろ就寝時間です。

で、一番心配なこと。
今夜眠れるか?眠れないか?
21時5分ほど前に、看護師さんが入眠剤をもってきてくれました。
入眠剤、これがかなり効果があるらしいのです。
ですので、小さい錠剤なのですが、半分に割って飲んでも眠れるらしいのです。
看護師さんに「どうします?半分に割ります?」
と聞かれました。
私が考えていると、看護師さんが、
「半分飲んでもし眠れなかった場合、もう半分飲むこともできるんですが、
21時以降水が飲めないから、飲めなくなってしまうんですよね。」
私も「そうですね。」
ということで、1錠飲むことにしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。