手術後の麻酔の副作用?ひどい場合は退院伸びるってよ!

円錐切除術が終わって、しばらくはグッタリしていたのですが、
夕方までには体力も回復し、母曰く顔色もよくなり、
ベッドで座れるまでに回復しました。
ありがたいことに、その日の夕食も食べることができました。

ですが、ひとつ気になることがありました。
ちょっと頭痛がありました。
麻酔の副作用で、強い頭痛が出ることがあると、
事前の手術の説明で、主治医から聞いていました。
退院が伸びるとすれば、この副作用の頭痛がひどすぎて起き上がれない、
っていうのが、一番多いケースだとおっしゃっていました。
もし、このままひどくなったら、予定通り明日退院できないの!?

この時私が感じていた頭痛が、麻酔による副作用なのか、
それとも別の原因のものなのか、判断できませんでした。
私はもともと頭痛もちなので、ちょっと緊張しただけでも、
筋肉が硬直して頭痛になることは頻繁にありました。
若いころは、高速道路を運転すると緊張するので、
運転後はひどい頭痛になったりしました。
外出先でも、よく頭痛を起こしていましたので、
もしかしたら、そっちの緊張型の頭痛かもしれません。
手術で緊張して頭痛になった、というのも考えられなくもないからです。

手術の後も、2人のイケメン先生が私の様子を見に来てくださいました。
最初にあらわれたのは、俳優の田中圭さん似の圭先生(私の中の呼び名)。
「体調で気になることはありませんか?」と優しく聞いてくださいました。
その時はそこまで頭痛はひどくなかったので、
「大丈夫です!元気です!」と答えました。
手術が終わったばかりで、「元気です!」っていう患者さんって
なかなかいないかもしれないわ、って心の中で突っ込みました。

その後来てくださったのが、
野村周平さん似の周平先生(こちらも私の中の呼び名)。
この先生、身長もすらっと高くて、めっちゃイケメンなんですが、
いつもマスクをしています。
マスクでさらに強調そのキリッとした切れ長の目が凛々しすぎて、
ちょっと怖くも感じなくもない。
美形の人は冷たい印象をあたえる、っていいますが、
それに近い印象も受けるんです。

で、周平先生がいらっしゃったとき、私は頭痛のピークでした。
「体調はいかがですか?」と周平先生に聞かれたとき、
「元気なんですが、ちょっと頭痛がします。」
と答えました。
周平先生は、
「座っていると、頭痛がひどくなるかもしれないです。
寝ていたほうがいいです。」
とだけ言って、去って行ってしまいました・・・。

ベッドは、ベッドの下のレバーをグルグル回して、
ベッドを起こしたり、倒したりできるようになっています。
その時の私のベッドの状態は少し起き上がった状態でした。
先生っ!「寝ていたほうがいい」と言われましても、
自分でベッド直せないじゃん!!!

寝ていたほうがいいと思うのなら、
ベッド直してくれればいいのに・・・。
ちょっと困惑。
でも、べっつにこのままでもいいしー!
と思い、このままベッドは起こしたままで、
ちょっとイケメンに反抗してみた私なのでした。

ってか、自分じゃベッド直せないだけなんですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。