温かい飲み物で幸せを感じる

MRIに入った時のお話し、続きです。

MRIの中って、すごい音がするんです。
もう、ドカンドカン!って、何か爆発しているみたいな音です。
爆発音の他には何も聞こえてきません。
そしてこの音はしばらく続きました。
MRIに入る前に、ヘッドホンを付けてくださって、
そこから癒しの南国音楽が流れているはずなのに、
まるで聞こえてきません。

そのうち、
「病院の廊下で爆発があったのではなかろうか?」と
ちょっと不安になってきました。
私がMRIにいるのに気付かず、みんな避難してしまって、
私はひとり、取り残されているのではないだろうか?
と、根拠のない不安に襲われたりもしました。

それにしても、どうしてMRIってこんなすごい爆発音がするんでしょう。
心が弱っている病人には酷です。

爆発音が、15分から20分ぐらい続いたでしょうか。

やっと、音が止まりました。
ヘッドホンから「終了しました。」と先生のアナウンスが聞こえました。

「はああああ、やっと終わった・・・長かった。」
やっと狭いMRIから出ることができました。
心配していた爆発事件はありませんでした。
当たり前ですけど。

私は1時間近く、MRIに入っていたようです。
MRIから出た時には、17時が過ぎていました。
17時以降は、病院の会計窓口が閉まってしまうそうで、
今回のお会計は次回の診察の時に一緒に支払うことになりました。
正面玄関もしまっており、時間外窓口で手続きをして、
そこから出ることになりました。

帰りは旦那さんに迎えにきてもらうことになっていましたので、
時間外窓口で手続きをして、しばらくそこで時間をつぶしていました。
この日は、朝ご飯以来、飲んだり食べたりできなかったので、
自販機で温かい飲み物を買って飲みました。
こんな当たり前なことも、幸せに感じられました。
こうやって、ひとつひとつ終わらせていくことで、
一歩ずつ、普通の生活に戻れる気がしていました。

すると、救急車がやってきました。
ご家族と思われる方々も、専用の待合室に入って行かれました。

がんでMRIに入る私。
救急車で病院に運ばれる人。
そして、救急車で運ばれた人を心配する家族の方々。
病院には、さまざまな非日常的な出来事が常に起こっています。
何とも言えない複雑な気持ちになったのを覚えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。