精神的不安で過呼吸に

大きな病院で検査をするまでの間。
また不安な日々でした。

インターネットで検索しなければいいのに、
どうしても気になって、調べてしまうんですよね。

どこかになにか少しでもいいこと書いていないかな?

と思って。

ちょっとでも何か希望が持てれば、安心できると思ったんです。

でも、「子宮頸腺癌」で調べて、いいことなんて書いてあるはずもありません。
まず、手術はさけられないようです。

子宮頸部の入り口を円形に切り取る「円錐切除」という手術は、
がんの詳しい検査も兼ねていて、その手術はまず避けられないだろう、
ということは、わかってきました。

さらに腺癌と診断されてば、子宮の中にも入り込んでいく可能性があるので、
初期でも子宮摘出は避けられないだろう、ということもわかってきました。

知れば知るほど不安になり、精神的に追い詰められていきました。

そして、それがとうとう私の体にも異変を起こし始めたんです。

まず、夜になると不安で仕方がなくなってきました。
すると、だんだん息が苦しくなってきます。
どうやって息をしたらいいのか、わからなくなり、
布団に寝ても苦しくなることが増えてきました。
過呼吸になってしまったんです。

過呼吸は毎晩のように現れました。
でも子供たちの前では苦しそうにできません。
私は子供たちが夜寝る前に毎晩本を読んでいるのですが、
本を読みきかせながら、過呼吸になってしまい、
息苦しさをなんとか抑えたこともありました。

過呼吸になると、さらに不安が増してしまうのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。