コルポスコピー検査への不安

大きな病院の予約は12月27日でした。
できれば年内に、ある程度まで検査を進めておきたかったんですが、
検査のたびに10日から一週間、結果が出るのに時間がかかってしまうので、
とうとう、子宮頸部腺癌疑いのまま、年末を迎えてしまいました。
とても、新しい年を前向きな気持ちで迎えられそうにありませんでした。
気分が沈んだまま、新しい年を迎えてしまいそうです。

大きな病院で受ける検査は、コルポスコピー検査と組織診というものらしい、
ということは、インターネットで何度も検索していたのでわかっていました。
子宮頸部腺癌は、初期では肉眼では確認することができないのだそうです。
(もし、目視できたらかなり病気が進んでしまっているらしいので、要注意です)
初期の子宮頸がんは目視できないので、コルポスコピーという拡大鏡を使って、
怪しい部分を確認し、さらに組織診で検査できるというものです。

この検査でさらに詳しい検査結果が出るということなので、
これで、やっと子宮頸がんがどのぐらい進んでいるのかが
ハッキリするなと思いました。

ここまで2回も子宮頸がん検査を受けて、陽性だったので、
もう自分が子宮頸がんであるということは、覚悟を決めていました。
後は、どのぐらい進んでいるか?ということを早く知りたかったです。

コルポスコピー検査をインターネットで調べると、いろいろな感想を
見ることができました。
中でも気になったのは、「コルポ診は痛い」という意見が多少あったこと。
検査をする先生の手腕にもかかっているようです。

すでに、自分が子宮頸がんであるということを受け入れているだけでも、
かなり精神的に追い詰められているのに、さらに肉体的に痛いのは
だいぶダメージが大きいので、避けたいところです。

やっと詳しい検査ができると思った12月27日の前日の夜のことです。
何と、出血が起きてしまいました。
次の生理までには、まだ日があります。
生理ではない出血・・・これはもしかして、子宮頸がんの初期症状ではないか?
と一気に青ざめてしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。