突然襲われる過呼吸と付き合って行く

過呼吸は退院してからは、しばらくおさまりました。

ですが、今年に入ってから度々起こるようになりました。更年期で通っている近所の婦人科で、待合室で待っているときに急に過呼吸に襲われました。

マスクをしていないといけないんですが、苦しくてマスクも外したくなるぐらいでした。慌てて洗面所へ駆け込んで、水で口をすすいだりしているうちに落ち着いてきました。

こういうときは、4秒で息を吸って8秒で吐く、というのも効果的だそうです。それを知ってからは、過呼吸かな?と思ってもすぐに落ち着けるようになってきました。

過呼吸は、呼吸が浅くなっているから苦しくなってしまうようです。ゆっくり呼吸をしていれば、恐らくは大丈夫だと思います。

ただ、何の前触れもなく、突然襲われる過呼吸には、一生過呼吸とは付き合っていかないといけないかな、って思います。その時その時、うまく対処していかないといけないですね。

さて、入院して一週間が経ち、いよいよ退院できることになりました。

私と同じ時期に子宮頸がんが見付かった親戚は、すでに3月に手術して退院したのですが、一週間を待たず、1日早く退院したそうです。すごい・・・私にはムリです。

前回、2月に円錐切除術で入院したときは、体力も維持していたし私も元気だったんですが、さすがに今回の単純子宮摘出術はこたえました。自分でもハッキリと体力が落ちているのがわかりました。

何となくフラフラしていて、貧血の症状がありました。顔色も青白い。

退院前の診察で、問題なし、退院していいですよ、とい言われた時はホッとしました。切除した子宮はキレイでがんも転移していなかったと報告されました。

診察・・・というだけで「またどこかにがんが見付かるんじゃないか」と不安になってしまいます。

いい方に考えたいんですが、さすがにがんを一度経験してしまうと、ポジティブには考えられなくなります。ただ、現実は悪くても受け止めよう、という気持ちにはなってきます。

子宮を切除したので、今後は生理がなくなります。PMSやらでずっと生理に振り回されてきた私。生理ががなくなると体調管理とかどうやっていったらいいのか?不安になります。私の場合、子宮はありませんが卵巣は残っていますので、生理はなくても排卵はあるからです。

退院前の検診で先生に「生理が来なくなるのですが、排卵はあるので、どうやって体調管理をしていったらいいのでしょうか」と質問しました。先生は一瞬、ちょっと驚いた感じに見えました。こんな質問あまりないのかもしれませんね・・・。ただ、私はずっとPMSがひどくて、月経前は本当に体調が悪かったんです。イライラもすごかったし。

だから低容量ピルを処方してもらっていたりしたので、生理がなくなって今後はどうやって体調管理をしたらいいのか本当に不安でした。

先生は「お腹が張ったり、ちょっと痛いかな、って思ったら排卵だと考えてください」と答えてくれました。生理がなくなっても排卵はあるので、PMSも続くのかどうか?わからないことだらけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。