婦人科の待合いに知り合いが?まさかの出来事

結局、子供が二人ともインフルエンザにかかるという、
最悪の事態になってしまいました。

仕方なく子供たちを居間にいさせることにして、
私は寝室にいることにしました。
少しでもインフルエンザの感染を防ぎたかったからです。

次女はインフルエンザの仲間ができた、と思ったらしく、
急に元気になり、学校を休まなければならない間、
二人で楽しく過ごしているようでした。
居間からキャーキャーと楽しく遊ぶ声が聞こえてきます。

「なんだか楽しそうだな。」
私はちょっと複雑な気分です。
まあ、元気なのでいいんですけど。

長女はずっと微熱が続いており、高熱までには上がりませんでした。
ですので、普段とあまり変わらず元気に過ごしていました。
もし、妹がインフルエンザではなく、このままの微熱だったら、
長女にインフルエンザの検査も受けなかったかもしれませんし、
気付かないまま、学校に通わせていたことも考えられます。

もしかしたら、学校にもインフルエンザと気付かずに、
「なんかちょっと体調が悪いな、なんだろ風邪かな?」
程度に考えて、学校に通っている子供もいるかもしれません。
ちょっと怖くなりました。

長女は比較的元気でしたし、次女の高熱と幻覚症状も収まり、
インフルエンザはそろそろ落ち着いてきていました。
まずは次女が病院に行って、登校の許可をもらいました。
2日後に長女も病院で登校許可をもらいました。

よし!これでやっと、自分の子宮頸がんの治療と向き合うことができます。
頑張ろう!という気持ちが高まってきました。
延期していた病院にもやっと行くことができ、手術の予約を取りました。
希望していた日に入院・手術ができることになりました。

で、その日。驚くことがありました。
私が婦人科の中待合で待っていたときのことです。

見たことのある人が、やはり中待合の椅子に座っているんです。

旦那さんのいとこ?

最初は他人の空似だと思いました。
「まさか、こんなところにいるわけないし・・・。
そうだとしても、同じ日の同じ時間に一緒になるなんて、
あり得ない。気のせいかも。」

と思いましたが、旦那さんのいとこはエステの仕事をしているからか、
ヘアスタイルは特徴的なショートカットでこだわりがあったり、
目鼻立ちもくっきりしていて、特徴的な容姿です。
「他人の空似なんてあるのかな?そこまで似ている人なんて、」
いるはずないかも?やっぱりいとこなのかな?」

そういえば、向こうも私に気付いているような・・・
そんな感じも受けましたが、
もしいとこだったとしても、
この場所で声を掛けるのもなんだか気まずいし・・・

この大きな病院の婦人科に来ている、ということは・・・
私のような「がん」か、それ相応の婦人科の病気、
もしくは出産間近など、ここに来る患者さんはかなり限られます。

年齢的にも出産、ってことはまず考えられないから・・・・
やっぱり子宮頸がんなの?
まさか、そんなことある???

と、待合室であれこれ悩んでいるうちに、私は呼ばれて診察室へ。
これから手術と入院の説明があるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。