手術と保険とお金の話

私は「子宮頸部腺がん1A1期」という診断がくだりました。
一般的な上皮内がんでしたら、円錐切除術でほぼ治療は終わりになるでしょう。
ですが、私の場合「腺がん」ということで、予防が必要となります。
がん再発防止のために、子宮を切除することが推奨されています。

私はもう42歳ですし、子供も二人おりますので、
子宮を切除することには抵抗はありませんでした。
反対に切除しないでほおっておくと、
またがんが広がってしまうのではないか?
と怖くて怖くて、生きた心地がしませんでした。
「早く取ってほしい!」と思ったほどでした。

ですので、病院の先生から子宮切除したほうがいいと言われたときには、
子宮切除を即承諾しました。
子宮切除を勧めてくれた先生は、その時は私の主治医ではありませんでした。
そして、言い方は「子宮をとったほうがいいです。」というような
やんわりした表現でした。
「子宮を取らないといけません。」というような、
強い言い方ではなかったのが、印象的でした。
きっと押し付けてはいけないのでしょう。今回の手術は予防的なものですし。
子宮を残しておきたい、という方だって、絶対にいるはずです。
この辺は、デリケートな問題です。
本人の意思を尊重してくれるってことなのでしょうね。

先生も「子宮を残したい、という希望があれば、
定期的に検査をしていく必要があります」
とおっしゃっていました。

私の心の中では、子宮は取ってしまいたいという気持ちは固まっていました。
ただ、問題なのは金額です。
健康保険を使わないで、腹腔鏡下手術を受けると、前回も書きましたように
100万ほどかかってしまうそうなんです。
腹腔鏡でなく、お腹を切って手術する、ということでしたら、
保険は効くようです。
ですが、その選択肢は私にも病院側にもありませんでした。
お腹を切ってしまうと、回復はもちろん遅れますし、
その他にも癒着したりしてしまうこともあるそうです。
子供たちのためにも、入院はできるだけ短期間にしたかったですし、
家にもどったら、すぐに普段の元気なお母さんでいたかったのです。
腹腔鏡の手術ができるから、子宮を取ってもいい、
というのはありました。

もし、生命保険で先進医療のついたがん保険に入っていれば、
腹腔鏡の手術にも対応ができて、かなりの金額の保証がもらえるそうです。
私も急いで調べてみましたが、先進医療は付けていませんでした。
そういえば、以前、保険の担当してくれているおばさんに会ったとき、
「先進医療をつけるといいよ」って進められていました・・・。
確かその時、一ヶ月数百円程度で、先進医療が付けられたんだと思います。
その数百円を惜しんだために、先進医療の保証は受けられませんでした・・・。
オーマイガー!!!

まあ、まさか自分ががんになるなんて思っていなかったんで。
がんになるってわかっていて、保険に入る人はいないのでしょうけど。

2 件のコメント

  • はじめまして。来週、子宮頸癌AISのため、子宮摘出・卵管切除の手術を受けます。
    子宮頸癌の検診から円錐切除、その後の経過、子宮全摘術、お金のことなど、時系列に沿ってとても詳しく書いてくださっているので、とても参考になります。私も小1と小6の子どもがいるので、術後の日常生活のことなども参考になります。
    とりあえず、子宮を取ることは納得しているのですが、私も円錐切除で断端陰性で病変は取りきれていると言われました。腺癌とのことで、安心をとっての決断ですが、お医者様からは、「おそらく、子宮には何もないと思うのですが。あったとしても、病変のかけらがあるくらいかな・・・」と。前向きなことを言われるのは嬉しいのですが、逆に言うと、何も病変のない子宮を取るってことにもなるわけで、正直、なんとも複雑な心境です。まぁ、奥に病変が潜んでる場合がゼロではないことを考えると、後々後悔しないためにも、子宮摘出が最善の策だと思うのですが。
    子宮摘出術以降の記事も、どうぞよろしくお願い致します。

    • さくさくママさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
      腺がんなのですね。私とほぼ同じ状況ですね。

      来週、手術なのですね。おっしゃいますように、お子さんたちのためにも、
      今、手術しておけば安心かと思います。頑張ってください。
      私も子宮を摘出しましたが、病変は何一つ出てきませんでした・・・。

      術後の経過ですが、円錐切除術は比較的体は楽でしたが、
      子宮切除後は貧血をおこしてしまい、しばらくは体がきつくて大変でした。
      それでも子供の面倒とか、家事などの日常生活は、普通に送ることができましたので、
      無理をなさらなければ大丈夫です。退院翌日にはキッチンに立つことができていました。

      子宮を取ることに複雑な思いもあるかもしれませんね。
      今は手術をしたことで、病気の心配をすることなく毎日過ごせることが、幸せと感じています。
      しばらくは大変かと思いますが、乗り切ってください。応援しています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。