手術前日の夜

手術の前の日も(当日も?)、眠剤が処方してもらえる
ことがわかり、ほっと一安心でした。

長かった看護師さんの説明も終わり、夕食前にシャワーに
行くことになりました。
シャワー室は私の病棟の目の前にあります。
とりあえず、迷うことはありません。

シャワー室は一部屋に左と右と2つに分かれていて、
同時に二人で使えるようです。
入り口に予約表があり、事前に開いているところへ
自分の名前を書いておきます。
シャワーの時間は30分です。
シャワーに入ると時計が見えにくい場所にかかっていたので、
30分で出ることができるのか不安。
なるべく急いでシャワーします。

シャワーは順調に終わり、下着とパジャマを着ます。
ここでトラブル発生!
ユニクロで購入したブラトップが、上手く着れない・・・。
慌てれば慌てるほどおかしなことに。
後でわかったことですが、ブラトップは下から履くんですよね。
CMでやってるのを見て、「だからか!」と納得。
悪戦苦闘しつつなんとか着て、ドライヤーで髪の毛を乾かします。
ロングヘアなので、なかなか乾きません。
シャワー室を出たのは、ギリギリ30分。危なかったです。
もう次の方の予約が入っていましたから。

病室のベッドに戻り、相変わらずご飯とおかずがアンバランスな夕食を
なんとか全部食べ終えました。
贅沢は言っていられません。
明日は手術ですし、この日の21時以降は絶飲食になります。
しっかり食べておかないと!と思って、無理やり食べました。
これから明日の夕食まで食べられなくなる・・・。
普通に食事ができるってことは、本当にありがたいことです。

で、後は就寝時間を待って、看護師さんに眠剤を持てきてもらい、寝るだけです。
明日は朝食前の7時までには、シャワーを浴びておかなくてはいけないことになっているので、
できれば早く寝ておきたいところです。

まだ就寝時間までには余裕があるので、例の戦国時代の本を取り出し、
ゆっくりと読むことにしました。
子供が生まれてから、こんなのんびりした時間は久しぶりです。
本は小和田哲夫さんの本。
桶狭間の戦いは、本当に奇襲戦だったのか?
というところを読みます。

普段はコンタクトレンズで過ごしていますが、入院中は眼鏡です。
眼鏡だと目が疲れて、本がなかなか読み進みません。
読みたいのに目が疲れる・・・
ここでも苦戦していると、「失礼します」と男性の声。
「はいっ」と驚きつつとっさに返事。
カーテンから顔を出したのは、主治医の先生。
手術前のあいさつのようです。
「明日の手術は、○○先生と△△先生が担当しますので」
とおっしゃっていました。
私は「はい、わかりました、お願いします。」とお返事しましたが、
心の中では、「主治医の先生じゃないんだ・・・」とちょっと不安。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。