単純子宮摘出術の入院の日

入院の当日。
入院は11時までに病院に行くことになっています。

普段通りに朝起きて、
普段通りに子供たちに朝食を食べさせ、
学校に送り出す、
普段通りの朝でした。

子供たちも、普段と変わらない様子でした。
入院も2回目なので、ママはすぐに帰ってくるだろうと
思っていたのかもしれません。
特に「さみしい」とか「早く帰ってきて」とか
言われたことは、一度もありませんでした。
子供なりにガマンしていたのかもしれません。

子供たちが学校に行ってから、実家の母が来てくれました。
母は、あまり私の家には遊びに来たことがないので、
どこに何があるのか?ほぼわからない状況でした。
ですので、家事で必要なものが、どこにしまってあるのか?
を、あわただしく説明しました。
近くにショッピングセンターもあるので、
買い物するのもあまり苦労しないと思いますが、
それでもある程度の食品は買いだめしておきました。

まあ、母には家に2日間ほどは家にいてもらって、
子供の面倒をみてもらえれば、3日後にはGWに入ります。
それからは子供を実家に連れていってもらってもいいし、
その辺は、みんなでいいようにして、という感じでした。

母にあわただしく説明をしてから、病院に向かいました。

病院までは旦那さんに送っていてもらいました。
通い慣れた病院ですし、2回目の入院でしたので、
私もそこまで不安も緊張もありませんでした。

病院に着いて、入院の手続きをして、またしばらく待たされました。
15分か20分ほど待ったでしょうか。
やっと看護師さんが迎えに来てくれました。

前回は4人部屋の病棟でしたが、今回は手術が終わって体調が回復するまでは
個室ということになっていました。
個室なので、気楽に過ごせるというのもあり、
前回よりもだいぶ気が楽でした。
個室に入り、荷物の整理をしました。
部屋の窓からは、3階の屋上にある庭園が見えました。

しばらくして、また前回と同じように、体重と身長のチェックに
呼ばれました。今回も4,5人、一緒に入院される方がいらっしゃいました。
若い方に年配の方にいろいろです。
初めて入院されるのでしょうか?
顔は青ざめて緊張されているように見える方もいらっしゃいますし、
顔色もよく、ほがらかにされている方もいらっしゃいました。
こちらはきっと私のように何度か入院を経験されているのではないかな?
と思いました。

体重測定では、私は変化はありませんでした。
もう高校生の頃からずっと同じ体重をキープしています。
食べ過ぎても、食べな過ぎても同じ体重です。
なんとも不思議なんですが。

で、身長測定ですが、私は普段、身長は153cmなのに、
前回の入院の身長測定で152cmでした。
ショックだったので、今回は背筋もピン!として測りました。
すると154cm!やった!

と、余裕しゃくしゃくだったんですよ、ここまでは。
これからがだいぶ大変になって、余裕もなくなってくるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。