単純子宮摘出術1年後の経過観察にいく

子宮頸がん

先週、子宮頸がんの経過観察に行ってきました。
実に3カ月ぶり。
久しぶりの病院は、もう忘れかけている場所でした。
今までは病院に来ると、実家に帰ってきたような、
なんかちょっとホッとするような気持だったのですが。
今となっては、「なんかもうちょっと面倒だな」ぐらいの気持ちもあり、
人間って、本当に忘れる生き物だなと。
つくづく思います。

いつものように採血をして、婦人科の廊下の待合室で順番が来るのを待ちます。
この日は意外と空いている感じでした。
いつもギューギューな待合の椅子も、ゆったりと座れました。

採血の検査で、診察までかなり待たされるのはもう馴れっこでした。
今までは「なんでこんなに待たされるんだろう・・・何か見つかったのでは?!」
と、不安になったこともありましたが。
今は余裕です。

私の番号が呼ばれていざ診察室へ。
今回は野村周平さん似のイケメン先生でした。

周平先生「前回の細胞診の結果と今回の血液検査の結果、どちらも異常はありませんでした。」
うんうん、やっぱりね。もう大丈夫なんだわ私。
そしていつものように、内診。
久しぶりの内診は、だいぶ抵抗を感じますが・・・。
ですが今さら恥ずかしがっても仕方ないし。
さっさと終わらせたいので、てきぱきと診察を受けます。

内診も終わり。これで帰れるゾ!経過観察よゆうー!

と思って、さあ帰ろう、とすると、
周平先生「手術からちょうど1年経ってますので、CTを取ってください」

・・・へっ?なに?CT?
なんでしょう。それ。

先生「1年に1回はCTをとっておいたほうがいいと思います」
私「あ、あのお、CTってどんな検査でしたっけ・・・」
先生「・・・!?CT受けたことないですか?」
私「1年前のことなので、あまり記憶が・・・」

先生がパソコンで私の診察の履歴を調べると、やはりCTは受けたことがないことが判明。
どおりで記憶がないわけです。
一瞬、自分がボケちゃったと思っちゃったじゃないですか!

ただ、
先生「MRIは受けているんですね。・・・CTはMRIよりは早く終わりますよ。
MRIは、狭くてすごい音がしますが、CTはもう少しゆったりした中に入ります。
時間もそんなに長くはかかりません。」
とのこと。
先生「CTは肩から胸などに転移していないかを検査します。」
ああ、そうか。
まだ転移とかって。
可能性があるんだ。

転移、という言葉で、一年前の不安な気持ちがよみがえってきました。
自分は癌だったんだよな~
死ぬかもって思ったし、毎日恐怖と必死に闘ってた・・・。
今は普通に生活しているけど、まだまだ癌とは切り離せない状況なんだよな・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。