子供たちのためにも今はガマン

ちょっと近況報告です。

先日、子供たちの通う小学校が平日お休みの日があったので、
4年ぶりぐらいにディズニーランドへ行ってきました。

旦那さんは、「オレはいいかな~」とのことで、
私が子供2人を連れて、行くことになってしまいました。
電車の切符を指定席で取ったり、乗り換え時間を調べたり。
ディズニーランドに着いてからも、どこから回るのがいいのか?
どこでお昼を食べるのか?お土産はどこで、何を買うのか?など。
ディズニーランドは平日とはいっても混んでいますし、
ひたすら歩き回らないといけないし。
帰りも夕食のお弁当を買って、帰宅ラッシュの電車に
子供を連れて乗らないといけなくて。

帰宅してから、3,4日間はグッタリしていました。
手術をして体力が落ちているというのもあるかもしれませんが、
そもそも私、手術前から体力なんて持ち合わせていませんでした。
手術後は運動しようしようと思いつつ、なかなかできていません・・・。
なるべく歩くようにはしていますが、やっぱり時間と距離を決めて
計画的に歩くように習慣づけないと、あんまり意味ないかも。

さて、近況はここまでにしまして。

4月末に、単純子宮摘出術を受けた時のことに話を戻します。

入院前は4月だったこともあり、かなりバタバタしていました。
さらに旦那さんがトイレの床を壊してしまい、家にはトイレの工事も入りつつ、
授業参観、PTAの活動、家庭訪問と立て続けに学校行事も入ってきました。

それらを何とかこなして、無事に入院の日を迎えることができました。
2月に同じ病院で円錐切除術を経験していますので、
入院といってもそこまでの不安はありませんでした。

ですが、全く不安がない、というわけはもちろんなく、
ちょっと心配なこともありました。
円錐切除術は、下半身麻酔だけで済みましたが、
今度の単純子宮摘出術では、全身麻酔を受けます。
この全身麻酔が、体に負担が大きいようなので、
それでどうなってしまうのか?不安でした。

それからやっぱり心配と言えば、何をおいても子供たちのことです。
円錐切除術は2泊3日だけでしたので、なんとかなりましたが、
今回は5泊6日なので、前回よりもかなり長い間、家を空けることになります。
実家の母にお願いしていましたが、やはり不安でした。

でも、子供たちのためにもまず自分が元気にならないといけない!
健康に不安なく、子供たちと過ごすためにも、今はガマンの時。
そう考えて、入院と手術に臨みました。

それがあったから、今はディズニーランドに行けたりもできているんですよね。
私も家族も、頑張りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。