手術後の「見るか?」「見ないか?」の問題

手術が終わり、ベッドに乗せられた私はそのまま運ばれて、
自分の病室に戻ってきました。
同部屋の方は、この騒ぎに「何事か!?」と驚かれたかもしれません。
お年を召した方が、静養している静かな病室でしたから、
ベッドが出たり入ったり、うるさかったかもしれません・・・。

病室に戻ると、母と旦那さんが待っていてくれていました。
2人とも主治医の先生から手術の経過は聞いていたようです。
しかも、円錐切除術切り取ったものもしっかりと見たらしい。
旦那さんはそういうの苦手なので、見ないと思ったのですが、
私の母が一緒だったので、なぜか気を使って、
先生から「ご覧になりますか?」と聞かれた時に、
「見ます」と先生に言ったみたいです。
アレ、なんで見せるんでしょうね。
「ちゃっと切り取ったよ!」っていう確認のためかなあ?
見てもなんだかわからない、と思うのですが。

旦那さんはそういうのが苦手で。
私の出産にも立ち会いませんでした。
今は出産で立ち会う方もそこそこいるのではないかと思います。
私の時も、友人が出産する際、熱心な旦那さんは立ち会っていました。
まあ、中には奥さんに頼まれて仕方なしに立ち会う、
という旦那さんもいらっしゃるかもしれませんが。
私は二回出産を経験していますが、
旦那さんの立ち合いは二回とも拒否しました。
旦那さんも拒否でした。お互い意見が一致していたワケです。

ですが、初めての出産のとき、産道が固くて
赤ちゃんがなかなか出てこられなかったんです。
私は痛みで病院中響き渡る声で「ギャーギャー」叫びまくり。
夜中でしたので、旦那さんも仕事が終わって
出産する部屋の廊下で母と待ってくれていました。

で、赤ちゃんが出てこられず、苦しんでいる私を見かねて助産師さんが
廊下で待っていた旦那に「旦那さん、中に入りますか?」声を掛けたみたいです。
旦那さんが戸惑いつつ、「たぶん(私に)嫌がられると思います」
というようなことを言ったみたいです。
で、助産師さん、私にも「旦那さんに入ってもらいます?」
と聞きました。
私はも「だめです。」と即効お断りしました。
旦那さんがいても、痛いのは変わらないし、
たぶんあんまり力にもならないのではないかと。
自分が強がりだからか、あんまり旦那さんに信頼がないってことかも。

出産する奥さんの中には「旦那さんにずっと一緒にいて励ましてほしい!」
と思う方も大勢いらっしゃるので、人それぞれですね。

私の場合、想像を絶する痛さに、あらゆるものにイライラムカムカ!!!!
怒り爆発中でしたから。
「誰にも触れられたくない!」
って思ってました。
もちろん、助産師さんにも触られたくありませんでしたが、
助産師さんが触るのは仕方ないので、そこは我慢しました。
看護師さんには、「早く~何とかして!」とは言ったかもしれません。
私は痛みに弱いってことを自覚できた出来事でした。
恥ずかしい出産時の思い出です。

出産は、女性だから耐えることができる、男性には耐えられない、
と、よくいわれていますが、絶対にそんなことはありません。
女性にだって出産の痛みはきつい。
きついものはきつい。あれは本当に・・・!!!
私だって耐えられないけど、赤ちゃんが出てきたがっているし、
体は赤ちゃんを出したがっている。
痛みに耐えたくなくても、自分ではとめられないってことです。

ああ、今思い出しただけでも、恐ろしい。

あ、また話がそれてしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。