いよいよ単純子宮摘出術!そして全身麻酔

いよいよ手術台に上がります。
二回目ですし、手術室の殺風景な風景にも驚きません。
よし、これが終われば病気から解放される!

部屋の端で主治医の先生がPCを操作しながら、
手術の助手さん方と世間話しています。
「あそこのお店どうだった?」
とかなんとか。

もう!先生ったら、私のことほおっておいて・・・。
私、これから手術なんですけど。

でもまあ、世間話なんてしているぐらいだから、
先生はそんなに緊張もしていないってことですよね。
そんなに難しい手術ではないのかも。
先生にしたら、日常茶飯事みたいな手術ってことなのかもしれません。
そう思うと少し気が楽になってきました。

逆に私を安心させるための世間話だったとしたら、
先生はかなりの策士です。
まあ、わざわざそんなことする感じの先生ではないので、
本当に余裕だったんじゃないかな、と思います。

手術は全身麻酔ですので、目が覚めたら終わっていることでしょう。
この点では、前回の下半身麻酔よりは楽です。
前回は下半身麻酔でしたので、手術されている実感があって、
痛くはないのですが、やはり体はきつかったです。
精神的にも大変でした。

さて、全身麻酔の準備が始まります。
私の周りであわただしく手術をしてくださる方々が動き回ります。
点滴をしたり、酸素マスクを付けたり。
「では、意識がなくなりますよ」と合図されたように思います。
「いつ意識がなくなるんだろう?」
と思っている間に、私の意識はなくなっていきました。

そして、どのぐらいたったのでしょうか。
意識はありませんでしたが、長い時間がたったようにも感じられました。
「終わりましたよ」
と声を掛けられ、目が覚めました。
周囲は手術前同様に人が大勢でざわざわしています。

頭がぼーっとします。
何とか、「あー、終わったんだ・・・」と
やっと状況を把握。
手術台からベッドにうつされ、病室に帰るのですが。
とにかく眠い!
病室に戻る間も動くベッドの上で寝ていたかもしれません。
麻酔のせいで頭が働かず、記憶もあいまいです。

病室には旦那さんと父が待っていてくれましたが、
私は酸素マスクをつけたままですし、全身麻酔のせいでウトウトしていました。
手術が終わって、私の無事を確認すると、
男2人、あまり長居はせずに帰ってくれたと思います。
とにかく全身麻酔の後の眠気がひどかったです。
午後はずっと寝たり起きたり繰り返していました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。